滋賀のデザイン住宅で考えたい屋根の形状

subpage1

滋賀でデザイン住宅を建てる場合は、屋根の形状を考える必要があります。



屋根の形状は主に、勾配屋根とフラット屋根に分かれます。

デザイン住宅で多く見られるのがフラット屋根です。
屋根がフラットで勾配がほとんど付いてなく、庇の出がないのがデザインの特徴となっています。
滋賀のデザイン住宅で見られるフラット屋根は、矩形の箱型の外観を可能にし、正面をデザインしやすい形となっています。
ボックス型の外観に、窓のデザインを揃えることで、現代的なイメージのある箱型の住宅が出来上がります。



滋賀のデザイン住宅で用いられるフラット屋根は、デザイン上の要請から出来たものです。しかし、建築は外部の自然から室内で暮らす人々を守る役割も担います。その場合、フラット屋根は不利になることもあります。



フラット屋根は勾配が緩いために水はけが悪く、雨漏りのしやすい構造です。

雨水を速やかに流すには、屋根に勾配を付けることが必要です。勾配屋根は過去の日本建築では全てに採用されていました。
コンクリートや鉄板、防水シートの発達によりフラット屋根が可能となりましたが、水が流れ難い欠点は持ったままです。


フラット屋根は定期的な防水層のやり替えを行わないと、防水性能が維持できません。勾配屋根は雨水を速やかに流すので、雨漏りがし難い屋根の形式です。


滋賀でデザイン住宅を建てる場合も、勾配屋根にすることは可能です。

勾配屋根で雨漏りの心配をなくした上で、外観を整える方法もあります。